福岡市 遺品整理 相続 片付け 引越し 不用品処分 » 粗大ごみ 片づけ 処分 業務案内
福岡市 遺品整理 相続 片付け 引越し 不用品処分 > 粗大ごみ 片づけ 処分 業務案内

粗大ごみ 片づけ 処分 業務案内

粗大ごみ・不用品回収処分の基礎知識

粗大ごみ・不用品回収処分の基礎知識

不用品を処分するには、大きく分けて3つの方法があります。 リサイクルショップに買い取ってもらう方法、役所に引き取ってもらう方法、そして不用品回収業者に引き取りをお願いする方法があります。

リサイクルショップに買い取ってもらう場合、ごみと思っていた不用品が小額でもお金になるという利点があります。ごみとして処分した際は0円、もしくは処分費用がかかる場合も多くあります。リサイクルショップで引き取ってもらえた場合、再利用という形で地球環境にも優しく不用品を処分することができます。

役所など行政や不用品回収業者に回収をお願いすると、料金が発生することがほとんどです。しかし通常の粗大ごみとしては捨てることができなくなった今、不用品を廃棄するには役所や業者にお願いするしかありません。不用品の種類やニーズによって、どのような処分方法が良いか考えてみる必要があるかもしれません。

役所と不用品回収業者の違いを比較

不用品を処分する際、役所に処分をお願いする場合と、不用品回収業者に回収をお願いする場合では、料金やサービス内容に大きな違いがあります。

回収可能な対象物が違います

市・区役所などの役所に処分をお願いする場合、回収の対象物に「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」など”家電リサイクル法”に定められている4品目が含まれていません。また、”パソコンリサイクル法”に該当する「パソコン本体」「ディスプレイ」「ノートパソコン」「ディスプレイ一体型パソコン」なども市や区役所で処分することができません。
一方、不用品回収業者では有害性のあるもの、引火性のあるもの、危険なもの、著しく悪臭を発するものを除いて、家電・パソコンはもちろん、ほぼ全ての不用品回収が可能です。

処分に際しての手間が違います

役所で不用品の処分を行う際、事前に「有料粗大ごみ回収券」等の購入が必要となります。また、不用品の運び出しや解体作業は行ってくれないため、指定場所に自分で運び出さなければなりません。一方、不用品回収業者では運び出しや解体作業はもちろん、吊り下げ搬出等が対応できる業者もあります。

利便性が違います

役所での不用品回収は、指定の収集日にのみ回収作業を行っています。土日はもちろん回収日時の指定もすることができません。一方、不用品回収業者のほとんどは即日の対応や、日時指定での回収作業を依頼することができます。

回収費用が違います

市・区役所では行政サービスとして回収が行われているため、比較的安価で回収作業を行っています。指定の収集日に、自分で回収指定場所に運び出すことができる場合は役所に依頼をした方が安く回収してもらうことができます。
不用品回収業者では業者により金額はまちまちですが、「基本料金」「回収品単価」「オプション」など各種料金が必要となるため、役所にお願いするより料金は比較的高めになります。運び出しや解体などの作業が必要な場合、日時指定が必要な場合などは不用品回収業者にお願いした方が手間を省くことができます。

ニーズに合った不用品処分を

役所にお願いするか、不用品業者にお願いするかは、不用品を処分する際の予算や手間を考え、ニーズに合った方法を探すことが大事です。

不用品・粗大ごみ回収までの流れ

不用品・粗大ごみ回収の際は、基本的に以下のような流れになります。

お問い合わせ・見積もりの依頼

メールまたはお電話でお問い合わせをします。お宅へとお伺いし、回収のお見積りを提出。

不用品・粗大ごみ回収

不用品・粗大ごみ等の回収

見積もりにご納得いただけましたら、不用品・粗大ごみ等の回収作業を行います。

不用品・粗大ごみ回収

お支払い

作業完了後に現金またはカードにて、回収費用を支払います。また業者によっては「作業完了報告書」の提出しますので、確認のうえサインをします。
※見積もりの際にあらかじめご確認ください。

引き取り回収料金システム


リサイクルショップ福来る屋
福岡遺品整理相談室
チラシやWEBで表示されている価格が他社の方が安い場合当社までお申し付けください。他社がご案内する価格に対応致します。 遺品の買い取りに関して 葬儀遺品関連の用語集 粗大ごみ処分回収の用語集 遺品整理に関する質問
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  •